注意1秒、ケガ?15,000-

先週末のこと。ウチの奥さんがいきなり「ギャーッ!」とかおっしゃる。
ウチの奥さんは普段から何かとリアクションがオーバー気味なので、まぁそないに大層なことはなかろうと様子を見に行きましたところ、こんなものを見せられました。

081201_011349.JPG

我が家のデジカメ、Panasonic DMC-FX9。
割れてるね。うん、すっごい割れてるね。液晶が。

液晶の右下あたりに目一杯力がかかったようで、ボディからじんわり歪んでいる。
えー。まーじーでー。年賀状の写真とかまだ撮ってないのにー。

かといってほっといて直るはずもないので、Panasonicのサービスセンターへ。
窓口のおじさん曰く、液晶+ボディも交換で?15,000-くらい。だいたいそんなもんだろうとは思っていたけども軽くヘコむ。
「個人的にはあと?10,000-くらい出して新品を買うかなぁ」というおじさんの口車に乗せられて、結局そのままお持ち帰り。

3年前の機種に?15,000-出すか、+?10,000-で新しく買い直すか。
正直時期が時期なだけでデジカメ自体には大して思い入れもないだけに困る。
で、いろいろ考えた結果、

081201_011449.JPG

Panasonic DMC-FX35(ピンク)。今年2月発売、この前モデルチェンジしたての旧機種。
梅田のソフマップで中古コーナーで発見。ボディカラーはこの際どうでもいいやということで購入。?18,800-也。
中古でも+?1,000-で延長保証を3年付けてくれるソフマップは素晴らしい。

というわけでちょっとした不注意が高くつきますよというお話でした。