渡船めぐり

家にカミさんの友達が遊びに来るということで、追い出されるように自転車で出発。
どこへ行こうかと考えていたら、ひとつ市内の渡船めぐりでもしようかと思い立つ。

淀川南岸を此花区まで延々と走り、酉島で南に下ってUSJの横を抜け、桜島のはずれにある天保山渡船場へ。

Tempozan ferryTempozan ferryTempozan ferryTempozan ferry

自転車でギュウギュウ詰め(20台くらい)になりながら安治川を渡河。

天保山界隈には見向きもせずに中央大通から港通りを東へ。
夕凪で右折して突き当たりまでまっすぐ行くと、尻無川を渡す甚兵衛渡船場に到着。

Jinbee ferryJinbee ferryJinbee ferry

川幅が狭いせいか、凄まじいカーブを描いて尻無川を渡河。

渡船場の真正面をまっすぐ進み、広い通りを右折して道なりに進むと新千歳橋が見えてくる。
その高架の脇を一番奥まで進むと千歳渡船場がある。

Chitose ferryChitose ferryChitose ferryChitose ferry

新千歳橋を頭上に見上げながら、大正内港の入り口を横断。
ここだけは海に近いせいか潮の香りがほのかに漂う。

対岸に出たら真正面を道なりに進み、大正通を左折して1つ目の角を右折。
そのまま突き当たりまで進むと船町渡船場。

Funamachi ferryFunamachi ferryFunamachi ferryFunamachi ferry

到着した時は出航直後で、次の船まで15分待ち。その間に他の乗客は誰一人来ず、結局1人で渡ることに。
船に乗ってしまえば木津川運河を渡るのは1,2分くらい。

対岸は一本道なのでそのまま道なりに進み、新木津川橋が見えてきたら手前で右折。
スロープを上って突き当たりまで行けば、本日最後の渡船場、木津川渡船場。

Kizugawa ferryKizugawa ferryKizugawa ferryKizugawa ferry

夕暮れの空を眺めながら、木津川を南へと渡る。乗客は私一人。

渡った先は市内最南端、住之江区。十数年前に住んでいた懐かしい街。
こちらに住む友人と合流し、ダラダラと無駄話をして帰りました。

今回乗れなかった残り3航路はまた今度。あーやっぱ自転車は楽しい。

記事を見てコメントする | 友だちに紹介する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です