直角二等辺三角形TOUR@大阪城ホール(二日目)

IMG_0792_2.JPG

GAMETOURのエントリから約1年、大阪へお越しということで今回は混ぜてもらうことに相成りました。

というわけで行ってきました、直角二等辺三角形TOUR@大阪城ホール(二日目)。
帰ってきた晩に書き始めたんだけど、もうクタクタで今日に持ち越し。筋肉痛でヒーヒー言いながら書いてます。
先に書いておきますが、キモさ全開です。存分に引いてください。

会員先行予約(ええ、入会しましたとも、P.T.A.に)でゲットしたシートはアリーナ席37列。現場へ行ってみればアリーナ中央、Y字型をしたセンターステージの左側ド真ん前4列目というナイスポジション。思わず「うひー」とか変な声が出ました。

かくして初めて生でPerfumeの3人を観たわけですが、今まで「この歳になったら20歳くらいの女の子は総じてかわいく見えるもんだよね」とか斜に構えて悟ったかのようなこと言っててすいませんでした。
3人ともかわいい。マジでかわいい。かわいすぎる。死ぬ。死んだ。
3人揃って目の前の花道まで来た時に思わず出た言葉が「……すげぇ」とか、もうバカ丸出し。中学生かと。

マイフェイバリット・のっちはもう開いた口が塞がらない美しさ。めちゃめちゃきれいじゃないのよいやマジで。 この娘なの?この娘があのアホの子なの?
しかもそんなきれいな娘がアホの子どころかノせられやすいおっさんだったというオチ。素晴らしい。素晴らしく残念すぎる。もう文句のつけどころがないじゃないか。
そんなボンクラな雰囲気が曲に入ると一変して、やたらめったらカッコいい。カッコいいどころかもはや神々しいといった方がいいくらい。
初めて見た生ののっちは何もかもが私の想像を遥かに超えてのっちでした。あぁ、素晴らしい。

かしゆかはとにかく肌が白い!顔が小さい!スカート短い!お御足が美しすぎてクラクラしましたよ。
今回は特にかしゆかサイドということもあって再々目の前の花道にお越しなわけですが、何と申し上げればよいのか。見上げれば透き通るような白いお御足、眩しすぎるにも程があります。
カミさんとMステ見ながら「これはけしからんなぁ」と言い合ってた変態丈の内側も、けしからんどころか一生分くらい見てきましたよ、ええ。
しかも仕草というか立ち振る舞いというか、もうなんつーかね、いちいちかわいらしいんですよ。思い出すだけで身悶えするというか。笑顔がまたキュートでね、「あぁ…これが野生の小悪魔の魔力なのね…」と。サラッと魂抜かれてしまいましたよ。
私的には今回一番印象が変わったのがかしゆかでした。かしゆか好きっス。

あ〜ちゃんはもうね、ゴリラ呼ばわりしてる奴みんな地獄の業火に灼かれて死ねとか思いましたよ。今までテレビとかで見てきたのは一体何だったのよ。ちくしょう、今まで騙されてたよ!
今までもDVDとか観ながら「ほんとみんな適当にひどいこと言いやがって、ちゃんと見りゃかわいいじゃんかよ」とか思ってましたけど、本物はそんなレベルじゃなかったです。このかわいさを正しく伝えられない旧来のメディアなんぞこのまま時代の波に呑まれて滅んでしまえばいいと思えるくらいのかわいさ。みんなして「天使」という意味がよく判りましたよ。だって天使なんだもの。
そんな天使が目に付いた観客を次々にいじっては放り投げていく様はもうただただ爽快と言いますか、合気道の達人がスポーンスポーンと相手を放り投げていくのを見ているような感じ。そりゃみんないじってもらいたくなるよなぁ。自分も一遍なすがままに放り投げられてみたいって思うもんね。

まぁそんな感じで本物の3人の魅力を存分に堪能しまくっておったわけですが、センターステージでのパフォーマンスがことごとくツボにハマってたまらんちょたまらんちょでしたよ。
コンピューターシティ(コンベスの中で一番好き)、セラミックガール(GAMEの中で一番好き)、I still love U(Mステ見てからもう大好き)と、お気に入りをことごとくセンターステージでやってくれたのでもう狂喜乱舞でございました。
ワンルーム・ディスコで満面の笑みを浮かべてSNFポーズを決めてくれるのっち(PVでも大好きなシーン)も目の前で見られたし、IslUではスカートを翻して踊るあ〜ちゃんに延々と見蕩れておりました。そんな中でも最高だったのは、目の前数メートルでマカロニを歌うかしゆか。あれはもう一生ものの光景でした。
そしてセンターステージのトドメはポリリズム。 3人がいつものポジションに着いた瞬間から上がりまくりで、生のポリループ観ながらヒーヒー言って飛んでました。最高すぎる。

今回初めてのライブ参加だったんですが、正直ここまで楽しいとは思わなかったですよ。
ホントのところ今までライブのDVDとか観ててもジェニーやPerfumeの時のコールって結構引き気味だったんですよ。「うわぁ」って。でも現場へ行って初めてあのコールをすることの楽しさが理解できましたよ。あれは正しい。
みんなで飛んで、みんなで声出して、あんな幸福な空間というのは本当に久しぶりでした。
問題はこれからの方で、あんな空間を体験してしまったらCDやDVDでは充たされなくなるんじゃなかろうかとちょっと心配しております。

次はP.T.A.会員限定のライブハウストゥアーということで、果たしてチケットが取れるのかどうかすっごい不安ですが、次回も大阪へお越しの際はぜひとも混ぜていただきたいなと思っておる次第です。

それまではジョジョを1巻から読み返して過ごしましょうかね。約束ですから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です